FC2ブログ

カオナシ


夏の日
灼熱と雷鳴のはざまで

ふと…
「みんなの中にカオナシはいます」

右の耳をとおして
音と映像があらわれる

目が…
イナズマとおでことの空間に
過去の時間を探す

遠浅の海を走る
千とともに電車に乗りこむ
半透明のカオナシ…


誰にも見つからないように
存在を消して
すーっと隙間に忍びこむ

いる ことを 消すことで
存在を許されている…

いるよ 本当はここにいるよ

カオナシの テレパシーが 千に届いたのかな?

誰にも見つからないはずのカオナシを
千はお客さんのように招きいれる

ひとりぼっち と ひとりぼっち の
時間が…交わり 流れ始める



ドカーン⚡️

雷鳴と同時に
シロ猫ちゃんが懐に飛んでくる

こんなに素早く動けるんだね、知らなかった
必要な時に求めることができるんだね、すごいね


みんなの中のカオナシは
千を見つけましたか?

大切なものをとりもどす旅は
始まりましたか?






スポンサーサイト



おわりとはじまり

終わりと始まりが
約束された一年がはじまりました

不思議な感覚
もしかすると
もう二度と巡り合えない
不思議な一年

自分で終わりを決めるのが苦手
誰かに終わりを告げられるのはもっと苦手

終わりに続くはじまりのわきたつ雰囲気が苦手

はじまりのキンチョウに戸惑うはりつめた空気
はにかみを含んだほこらしげな表情

いつも4月におこるソレが
5月に違う波としてやってくる

予告されたさよならを
どんな風に受けとめるのかな
知らない自分がやってくるのかな

春の足音

ふと気づくと・・・
カレンダーが2月のまま
うす紫のふちどりが
かわらずにこちらを見つめてる

あっ・・・
一枚めくると
ピンクのふちどりの
色とりどりが “ふわっ” をこちらに送ってくる

ふはぁ・・・
息がもれ 
目にはいっていた力が
いっきにゆるむ

ゆっくりと
目をとじると
あたらしい空気が
胸ふくらませながら
内側もみたしていく

まぶたをつつむ光にみちびかれて
目をひらくと
ほんのりと部屋が
オレンジに色づく

へやの右はじで
カエルのレリーフが
クルリと向きをかえ
あいさつしてくる
ふふっ・・・

壁つたいには
白とピンクのふたごのうさぎ

チューリップのレターセット
やわらかな黄色たちも
はなやぎをそえる

花もようのチェアカバー
床にはベージュの水玉

温度をおとした
ホットカーペットがあったかい♡

一回りして
もういちど緑がクルリとゆれる

はぁ・・・
春がすぐそこまで来てるね♪

みんなありがとう

スーパー・ブルー・ブラッドムーン

150年に一度の
月の夜に・・・

おわりと
はじまりと
うちゅうを
しった

生かされている・・・
っていう感覚

満ちた光がかけはじめ
太陽と地球の間で
地球をうつして
赤く浮かぶ月

静かな美しさ
ただ・・・
そこにあるという美しさ

すべてをうけいれ
150年という時をへて

その姿をみせてくれて
ありがとう

あたらしい時間が
はじまりました

道案内


もえあがるような
するどいまなざし
怒りを感じている合図

うけとるがわが
う~んと目をやわらかくして

まわりの景色のなかにうかぶ
あわいいろの花びらをながめるように
うけとめてみる

窓の外に
みかん色の木の実が
風にゆれる葉っぱの間で
見え隠れしてる

まなざしを右から感じながら
同時に胸の鼓動が
ひじをついたテーブルから
伝わってくる

う~んとやわらかくした目を
もう少し上の雲間の青空に向ける

すーっと
空気が胸までながれこんでくる

ゆっくりと
くちびるの間から
あたたかくなった息をかんじてみる

耳の中でドクンドクンとなっていた音が
小太鼓くらいによわまってくる

かたと肩甲骨のあいだの
小さな緊張がほどけるのがわかる

もう一度
目を右下に広くとらえる

ほぅ・・・
ほんの少し空気がゆるんでる

プロフィール

角田みすゞ(つのだみすず)

Author:角田みすゞ(つのだみすず)
きてくれて❤ありがとう♪

こことろからだをつなぐ 
じぶんとの仲直り
癒し・・・だいじ

臨床心理士・公認心理師
SE®療法施術者・タッチケア
for 自己調整&関係調整

メール:bell.soudan☆gmail.com
    (☆→@にしてください)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

リンク